これが日本のサッカーJリーグ

ブックメーカーでサッカーの応援と観戦が変わる

ゴール

サッカーは日本でも人気の高いスポーツですが、少し刺激が欲しいのであればブックメーカーがおすすめです。
どれだけ楽しいサッカーであっても、観戦を続けていれば少し変化が必要になります。新たな刺激を受け、以前のように熱いサッカー観戦ができる方法としてブックメーカーを利用する方法があるので試してみる価値は十分にあるでしょう!

ブックメーカーは世界の様々な賭けを提供する会社のことで、世界的に人気のサッカーはもちろん賭けの対象となっています。そして、Jリーグもブックメーカーにはオッズが存在します。
賭けと聞くとどちらのチームが勝つのかを予想するものだと思うことでしょうが、賭け方はそれだけでなく他にもたくさんあります。
勝敗を予想するものが基本となるのは間違いありませんが、それに加えてブックメーカーが独自に設定をしたハンデを考慮して予想をする方法や、勝敗とは全く関係のないスコアに関する予想というのもあります。
コーナーキックやペナルティーキックの数を当てるといった少し変わった予想もありますから、ブックメーカーに参加をしてから試合観戦をすればいつもと違った見方をすることができるのでマンネリを感じてきた人にとって最適です。

純粋に賭け事としても面白いものであるため、サッカーはそこまで興味がない人であっても賭けの楽しみを味わうことができるのもブックメーカーの奥深さです。
ブックメーカーを利用することによって、サッカーの見方というのは大きく変わるのでファンはもちろんそうでない人も試してみると良いでしょう。
Jリーグのtotoよりもブックメーカーの方が予想の種類が多いのでおすすめです!

日本のプロサッカー Jリーグの歩み

ドリブル

世界的にも有名で人気の高いスポーツであるサッカーは、日本でも高い人気と知名度を誇っています。日本では世界的に見るとまだまだ歴史は浅く、プロリーグであるJリーグが誕生したのも1993年と比較的最近のことで、欧州や南米と比べると、まだ歩み始めたばかりといえるでしょう。

そんなサッカーJリーグですが、誕生当初は10クラブでの開始となりましたが、その後はどんどん参加クラブも増加傾にあり、1999年にはリーグが二部制になり、2014年にはさらにもう一つ加わり、全部でJ3リーグとなりました。もっともJ3リーグについては、日本フットボールリーグと同格という独立したリーグとされているため、J1とJ2リーグとは制度上では大きく異なる傾向にあります。

ちなみにJリーグが誕生するまでの日本でのサッカー競技の状態としては、1965年にアマチュア主体である日本サッカーリーグが創設され、1968年のメキシコオリンピックで日本代表が銅メダルを獲得したことも影響し、一時的なブームが生まれました。
そしてサッカーのプロ化が叫ばれるようになり、1977年にドイツで日本人初となるプロが誕生し、それに続いてプロが次々誕生しますが、1980年代あたりまではプロとアマチュアの選手が混在するも、試合などはアマチュア基準という状態が続きました。
このような経緯から、しっかりとしたプロのためのリーグが必要だとされ「Jリーグ」が誕生するに至っています。

のんびりとしたJリーグの練習

サッカー 戦術

Jリーグでは週末に試合が行われることがほとんどで、練習は1週間で3~4日行います。
メニューは午前と午後の合計4時間程度で、午前はストレッチとパス回し、紅白戦などを行い、午後はポジション別のメニューをこなし、戦術的な指導などを行います。その後は自由時間になっており、早めに帰宅して体を休める人や、クラブハウスに残ってウエイトトレーニングをしたり、マッサージを受けたりする人もいます。

日本の練習は終始和やかで、のんびりとした雰囲気で行われています。では、ヨーロッパサッカーはどうなのでしょうか。ヨーロッパサッカーも基本的には週末に試合があり、練習は1週間で3~4日行います。メニューもJリーグと似ていますが、決定的に違うのが雰囲気です。紅白戦は本番の試合のように激しく、本気で相手を止めにいきます。そのため、ケガは日常茶飯事で選手同士のケンカやコーチとのケンカも当たり前です。

海外の選手はハングリー精神があり、とにかく試合に出て活躍したい気持ちが強い選手が多いです。そのため、紅白戦でも手を抜くことはなく、本気で試合に挑みます。メニューに関しても不満を言うことは珍しい話ではなく、納得がいくまでコーチに説明を求める選手もいます。